ウィーザーがフェスでニルヴァーナ“Lithium”をカバー。その場でデイヴ・グロールが「ちょっと泣いた」理由とは?

ウィーザーがフェスでニルヴァーナ“Lithium”をカバー。その場でデイヴ・グロールが「ちょっと泣いた」理由とは?

9月末と10月初めにブラジルのリオデジャネイロで開催されるフェス「Rock in Rio」に出演したウィーザーニルヴァーナの“Lithium”をカバーし、その場にいたフー・ファイターズのデイヴ・グロールが感動していたことが明らかとなった。

Consequence of Sound」によると、ウィーザーは現地時間9月28日にフェスに出演、同日のヘッドライナーを務めるフー・ファイターズの前に登場したそうだ。


ウィーザーのリヴァース・クオモは「あと数分でメインコース(=フー・ファイターズ)が登場するまでに、デイヴ・グロールの昔のバンドの曲をカバーして乗り切るよ」とコメントして“Lithium”をプレイしたという。

ウィーザーによる“Lithium”のカバーは、ファンが撮影した動画にて見ることができる。

https://youtu.be/qd99-mCZjgc

その後、フー・ファイターズがステージに登場。デイヴは次のようにファンに向かって語りかけたとのことだ。

今夜は、この曲をウィーザーに捧げるよ。ウィーザーが演奏する“Lithium”をバックステージで聴いて、正直ちょっと泣いちまった。泣いちゃったんだよ!

この曲をプレイするのが懐かしかったし恋しかったから、ウィーザーがカバーするのを聴いてメチャクチャ嬉しかったんだ。だから、素晴らしきウィーザーにこの曲を贈るよ。


そう告げたデイヴはフー・ファイターズの“Big Me”を演奏し、ウィーザーへ感謝の気持ちを伝えていたそうだ。


なお、デイヴはライブの合間、2017年にリリースされた『コンクリート・アンド・ゴールド』に続くニュー・アルバムについて、「来週家に帰ったら、フー・ファイターズの新作の制作を始めるよ」とも明かしていたという。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする