モリッシーのライブで新たな騒動? ポートランド公演にて抗議のプラカードを掲げていた観客が追い出される

イギリスの極右政党「For Britain」を支持する意向を表明し、物議を醸しているモリッシーのコンサートから抗議者が追い出される騒動が起きていたことが明らかとなった。

Consequence of Sound」によると、現地時間9月30日(月)にオレゴン州ポートランドで開催されたモリッシーのコンサートで、抗議のプラカードを掲げた観客2人が追い出される事態が起きていたという。

その様子は、以下のファンが撮影した動画にて見ることができる。

https://youtu.be/siSKAi8EXN4

「BIG MOUTH INDEED(本当に大口を叩くよな)」と書かれたプラカードを手にした観客を目にしたモリッシーは演奏を中断し、「率直に言おう。そのプラカードを持った奴らがいなくなったら続けるよ。だから今すぐに出ていけ。行け! 行くんだ!」と言い放ったとのことだ。

しかし、それでもその2人が立ち去らなかったため、会場のライトを点灯させたモリッシーは、続けて「お前らは必要ない。サヨナラだ! お前らは要らない。必要ない。出ていけ! 」と何度も繰り返したという。なお、最終的に抗議者が会場を出て行った後、演奏が再開されたそうだ。

極右政党の支持を表明してからというものモリッシーには批判が集中しており、以前デーモン・アルバーンは「その国に住んでいないなら、その国の政治に口を出すべきじゃない」とコメントしていた
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする