デーモン・アルバーン、アメリカに住むモリッシーに「英国の政治に口を出すべきじゃない」とコメント

デーモン・アルバーン、アメリカに住むモリッシーに「英国の政治に口を出すべきじゃない」とコメント

デーモン・アルバーンが、イギリスの極右政党「For Britain」を支持する意向を表明しているモリッシーに対してコメントしていることが明らかとなった。

「NME」のインタビューを報じた「Consequence Of Sound」によると、デーモンが率いるザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーンのメンバーであるポール・シムノンが、現在カリフォルニア州に在住しているモリッシーについて以下のようにコメントしていたという。

遠くにいてその国に住んでいないと、時として現実とは何であるか根本から誤解してしまうことがある。ジョン・ライドンと同じだね。彼は一定レベルに達してるし自分の見解を述べる権利はあるけど、ここ(イギリス)に住んでなかったらその意見は狭い物の見方にすぎないよ。


そして、ポール・シムノンの意見に続き、デーモンも以下のようにコメントしている。

その国に住んでいないなら、その国の政治に口を出すべきじゃない。政治を理解するための繊細さを持つには、住民の感情がうごめく世界の中に生きてないと。単なる何かのアイデアだけじゃなくてね。それって現実からかけ離れてるから……。

惨めなイギリス人になりたいなら、惨めなイギリス人にならなくちゃいけない。わかるだろ。本当にそうなんだ。


なお、ザ・スミスのギタリストであったジョニー・マーは、以前「NME」のインタビューで物議を醸しているモリッシーについて、「歴史は変えられないと思ってるし心配はしてないよ。俺の世界や人生には関係ないからさ。曲は人々が判断して関わり、聞くために存在してるから」とコメントしていた

関連記事は以下。

離脱?残留? UK音楽業界も大揺れのブレグジット狂想曲!アーティストたちのリアルな発言やアクションを紐解いてみると――
今年のグラストンベリー・フェスティバルで大きな話題を呼んだのが、英国生まれの黒人ソロ・アーティストとして史上初めてヘッドライナーを務めたストームジーだった。そしてストームジーがステージで着用していた、ユニオンジャックがペイントされた防刀ベストについてだった。 ※なお、初の黒人ヘッドライナ…
離脱?残留? UK音楽業界も大揺れのブレグジット狂想曲!アーティストたちのリアルな発言やアクションを紐解いてみると――
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする