C-999が5月末のライブをもって解散を発表

C-999が、5月30日(土)下北沢CLUB Queでのライブをもって解散することがオフィシャル・サイトにて発表された。

C-999は、01年に遠藤慎平(Vo/G)、土屋豊(B)、小野田卓史(G)の3人で結成。当初はundercoverというバンド名で活動しており、04年にC-999に改名。06年にはアルバム『三千世界に鳴り響け』でメジャー・デビューを果たし、エッジの効いたギター・サウンドにポップなメロディーを乗せたポップ・ロックが話題となった。

5月30日(土)のライブをもって、メジャーデビューから約3年、C-999に改名してから5年、そして前身となるundercover時代から含めて約8年の活動に幕を閉じる。

遠藤はオフィシャル・サイトに「解散という決断に至るまでは簡単に言葉では現せない、色んな想いや色んな事がありました。当初は俺一人になってもC-999を続けてやるとも思っていたのですが、ここ数ヶ月間、自分の中で悩みに悩み抜き、辿りついた結論は、C-999は今のメンバーでC-999であって、誰一人として欠けてしまったら、それはもうC-999ではないという結論でした」と解散について綴っている。現在、メンバー3人からのメッセージがオフィシャル・サイトにて掲載されているので、詳しくはそちらをご覧ください。
C-999人気記事
  • 記事がありませんでした。

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする