THE ORAL CIGARETTES、自身初の主催野外イベントを追ったライブドキュメンタリー来年1月に上映

THE ORAL CIGARETTES、自身初の主催野外イベントを追ったライブドキュメンタリー来年1月に上映
THE ORAL CIGARETTESが2019年9月14日および15日に大阪・泉大津フェニックスにて行った自身初の主催野外ライブイベント「PARASITE DEJAVU ~2DAYS OPEN AIR SHOW~」に挑む姿を追ったライブドキュメンタリーが、2020年1月11日(土)、12日(日)全国各地の映画館にて上映される。

「PARASITE DEJAVU ~2DAYS OPEN AIR SHOW~」では、DAY1は自身初の野外ワンマンライブ、DAY2は山中拓也(Vo・G)が「オーラルの歴史上でこのバンドがいなかったら今のオーラルはない!というくらい大切な仲間達」と語っていた、バンドと縁の深いアーティスト7組が出演した対バン形式のライブが行われた。

今回上映される『THE ORAL CIGARETTES「PARASITE DEJAVU THE MOVIE」~ Live Documentary 纏繞の光景 ~』は、この2日間のセットリストの中からセレクトされたライブ映像を中心に、イベント前日のリハーサルの様子や、オフショット、メンバーのインタビューなどで構成され、この作品でしか観ることのできない貴重な映像がふんだんに盛り込まれているという。作品のサブタイトルにある「纏繞(てんじょう)」とは、「(植物のツルが)まとわりつく」、「絡みつく」という意味で、本作においてはこのイベントの核心にある「人と人とのつながり」や「絆」を表し、2日間のライブを通して見えた“纏繞の光景”とはいったいどんなもので、心をさらけ出し、THE ORAL CIGARETTES 第2章の幕開けとなったステージの真実に迫ったとのこと。


【山中拓也(Vo・G) コメント】
地元関西で溢れていた受け止めきれないほどの愛をみんなにも体感してもらいたいです。
きっと温かい気持ちになってもらえると思います。
今までの話と、これからの話。オーラルが何を見てきて、何をこの先見てるのか。
そんなことも同時に感じられる映像になってます。
たくさんの仲間とファンに助けられてここまでやって来た軌跡を感じながら、僕らはもっと上に行こうと誓いました。大事な第2章のスタートになったこのイベントを存分に堪能してくださいね。

【鈴木重伸(G) コメント】
初の野外イベントとなった「PARASITE DEJAVU」。
1日目ワンマン、長年フェスで見てきた場所で自分達だけを観に来てくれたお客さんと素晴らしい一日を作る事ができました。
この日沢山のものをもらった僕達の表情にも注目していただきつつ、新たな挑戦を含めたライブも楽しんで頂けると幸いです。
2日目は仲間たちが繋げてくれたバトンを継いでのライブ。
この日も1日目とは違う形でたくさんのものをもらいました。
リハーサルを含めた3日間で感じた素直な気持ちを語っているのでぜひお越しください。

【あきらかにあきら(B・Cho)コメント】
何歳になっても映画館ってワクワクするよね。見終わった時の気持ちを誰かと共感したくなる。僕達にとって、あの2日間は大切な日
になりました。もっともっと多くの仲間に共感してもらいたい。その想いがあったので、上映できることが決まって本当に嬉しいです。
伝えきれない想いも全て吐き出したつもりです。ぜひ、あなたの街で大画面で大音量で堪能してください。

【中西雅哉(Dr) コメント】
華やかなステージに立っているメンバーを見ると華々しく見えるかもしれないけど、あのステージに立つまでに沢山の苦しい思いをしてきたし、泉大津フェニックスと言う場所でも沢山の悔しい思いをしてきたからこそ…
あの日、あのステージに立つ事が出来たし、立った意味があったと思います。
挑戦し続けるTHE ORAL CIGARETTESをしっかり見届けていただき、大切なメッセージもしっかり受け取って下さい。


公式SNSアカウントをフォローする
フォローする