米津玄師“馬と鹿”、ドラマアカデミー賞で「最優秀ドラマソング賞」受賞

  • 米津玄師“馬と鹿”、ドラマアカデミー賞で「最優秀ドラマソング賞」受賞 - 『馬と鹿』

    『馬と鹿』

  • 米津玄師“馬と鹿”、ドラマアカデミー賞で「最優秀ドラマソング賞」受賞 - 米津玄師 photo by Jiro Konami

    米津玄師 photo by Jiro Konami

  • 米津玄師“馬と鹿”、ドラマアカデミー賞で「最優秀ドラマソング賞」受賞 - 『馬と鹿』
  • 米津玄師“馬と鹿”、ドラマアカデミー賞で「最優秀ドラマソング賞」受賞 - 米津玄師 photo by Jiro Konami
米津玄師の“馬と鹿”が、週刊ザテレビジョン主催の第102回ドラマアカデミー賞において「最優秀ドラマソング賞」に選ばれた。

同曲は、日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』の主題歌として米津玄師が書き下ろした楽曲。ラグビーをモチーフとした同ドラマにおいて、大泉洋演じる君嶋GMが選手たちを鼓舞するシーンや、個性豊かなメンバーが一丸となって勝利を目指すシーンで流れていた。

受賞に当たり、米津玄師は「とても光栄です。素晴らしいドラマがあってこその受賞だと思うので、審査してくださった方々並びにドラマの制作スタッフの方々にも感謝の気持ちを伝えたいです。」とコメントを寄せている。

なお、今回の受賞について米津玄師は、本日11月20日(水)発売の『週刊ザテレビジョン』にて想いを語っているという。

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする