星野源、ワールドツアーNY公演でマーク・ロンソンと共演。サプライズでオロノも登場

  • 星野源、ワールドツアーNY公演でマーク・ロンソンと共演。サプライズでオロノも登場 - photo by Taku Fujii

    photo by Taku Fujii

  • 星野源、ワールドツアーNY公演でマーク・ロンソンと共演。サプライズでオロノも登場 - photo by Taku Fujii

    photo by Taku Fujii

  • 星野源、ワールドツアーNY公演でマーク・ロンソンと共演。サプライズでオロノも登場 - photo by Taku Fujii

    photo by Taku Fujii

  • 星野源、ワールドツアーNY公演でマーク・ロンソンと共演。サプライズでオロノも登場 - photo by Taku Fujii

    photo by Taku Fujii

  • 星野源、ワールドツアーNY公演でマーク・ロンソンと共演。サプライズでオロノも登場 - photo by Taku Fujii
  • 星野源、ワールドツアーNY公演でマーク・ロンソンと共演。サプライズでオロノも登場 - photo by Taku Fujii
  • 星野源、ワールドツアーNY公演でマーク・ロンソンと共演。サプライズでオロノも登場 - photo by Taku Fujii
  • 星野源、ワールドツアーNY公演でマーク・ロンソンと共演。サプライズでオロノも登場 - photo by Taku Fujii
星野源のワールドツアー「Gen Hoshino POP VIRUS World Tour」の2本目となるニューヨーク公演が11月25日にマンハッタン・Sony Hallにて開催された。星野にとって初となるこのニューヨーク公演はソールドアウト。当日は会場であるSony Hallのスタッフ達も「こんなことはオープン以来初めてだ」と言うほどに、朝早い時間帯から長蛇の列ができていたという。

ライブは、スペシャルゲストアクトとして名を連ねたマーク・ロンソンのステージからスタートした。星野とマークは、2018年12月に幕張メッセ公演以来2度目の共演となり、本公演ではキング・プリンセスを含む4人のシンガーを招聘してのライブとなった。マーク自身はアップライトピアノやキーボード、ギターをプレイした。

その後20分ほどの転換を挟み、21時過ぎから星野源のライブがスタートし、暗転と同時に上がった歓声に迎えられ、メンバーが登場。今回のニューヨーク公演のバンドメンバーは、長岡亮介(G/ペトロールズ)、河村“カースケ”智康(Dr)、櫻田泰啓(Key)、石橋英子(Key)、STUTS(MPC)という、ドームツアーでも星野と共に音楽を響かせたお馴染みのメンツに加え、ベーシストとして三浦淳悟(B/ペトロールズ)も参加。ホーンやストリングスが入らない編成でのライブは2014年のツアー以来となった。「I dedicate this song to Michael Jackson.」という星野のMCと共に演奏された“SUN”や“地獄でなぜ悪い”などの楽曲が、この編成で演奏されることでまた新鮮な表情を見せていたとのこと。

また、この日のサプライズゲストとしてスーパーオーガニズムのオロノが登場し、バンド編成でリアレンジされた“Same Thing (feat. Superorganism)”を共に披露した。

「星野源 POP VIRUS World Tour」は12月9日(月)および10日(火)の横浜アリーナ公演へと続き、12月14日(土)台北公演でファイナルを迎える。

  • 星野源、ワールドツアーNY公演でマーク・ロンソンと共演。サプライズでオロノも登場
  • 星野源、ワールドツアーNY公演でマーク・ロンソンと共演。サプライズでオロノも登場 - 『Same Thing』

    『Same Thing』

  • 星野源、ワールドツアーNY公演でマーク・ロンソンと共演。サプライズでオロノも登場
  • 星野源、ワールドツアーNY公演でマーク・ロンソンと共演。サプライズでオロノも登場 - 『Same Thing』

公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする