スレイヤー、長きにわたるフェアウェル・ツアーが遂に終幕! LAで行なわれた最終公演のセットリストが明らかに

スレイヤー、長きにわたるフェアウェル・ツアーが遂に終幕! LAで行なわれた最終公演のセットリストが明らかに

2018年5月にスタートしたスレイヤーのフェアウェル・ツアー「Final World Tour」が、現地時間11月30日にロサンゼルスのザ・フォーラム公演で幕を下ろし、そのセットリストなどが明らかとなった。

Ultimate Classic Rock」によると、プライマスとミニストリー、 Phillip Anselmo & The Illegalsがオープニングを務めた最終公演では、バンドの過去のアルバムを網羅した以下の20曲が演奏されたという。

1. “South of Heaven” (1988年『サウス・オブ・ヘヴン』収録)
2. “Die by the Sword”(1983年『ショウ・ノー・マーシー』収録)
3. “Evil Has No Boundaries”(1983年『ショウ・ノー・マーシー』収録)
4. “Show No Mercy” (1983年『ショウ・ノー・マーシー』収録)
5. “Black Magic”(1983年『ショウ・ノー・マーシー』収録)
6. “War Ensemble” (1990年『シーズンズ・イン・ジ・アビス』収録)
7. “Temptation”(1990年『シーズンズ・イン・ジ・アビス』収録)
8. “Disciple”(2001年『ゴッド・ヘイツ・アス・オール』収録)
9.“"Gemini”(1996年『アンディスピューテッド・アティテュード』収録)
10.“Born of Fire”(1990年『シーズンズ・イン・ジ・アビス』収録)
11. “Payback” (2001年『ゴッド・ヘイツ・アス・オール』収録)
12. “Postmortem”(1986年『レイン・イン・ブラッド』収録)
13. “Jesus Saves” (1986年『レイン・イン・ブラッド』収録)
14. “Seasons in the Abyss”(1990年『シーズンズ・イン・ジ・アビス』収録)
15. “Hell Awaits”(1985年『ヘル・アウェイツ』収録)
16. “Dead Skin Mask”(1990年『シーズンズ・イン・ジ・アビス』収録)
17. “Repentless” (2015年『リペントレス』収録)
18. “Chemical Warfare”(1984年『ハウンティング・ザ・チャペル』収録)
19. “Raining Blood”(1986年『レイン・イン・ブラッド』収録)
20. “Angel of Death”(1986年『レイン・イン・ブラッド』収録)

なお、ツアー最終地の会場、ザ・フォーラムのSNSアカウントでは同ライブの模様が一部アップされているほか、写真も掲載中だ。




スレイヤーは1982年にトム・アラヤ、ケリー・キング、ジェフ・ハンネマン、デイヴ・ロンバードによって結成され、1992年にデイヴがバンドを去り2001年に復帰するも、2013年に再び脱退。その2度の脱退で加入したポール・ボスタフが現ドラマーを務め、2013年に逝去したジェフの代わりに2011年からゲイリー・ホルトがメンバーとなり、フェアウェル・ツアーは同ラインナップで行われたという。

なお、11月8日にスレイヤーはライブ映像作品『ザ・リペントレス・キロジー~ライヴ・アット・ザ・フォーラム』を世界同時リリースし、さらにライブ・フィルム『SLAYER:THE REPENTLESS KILLOGY』が2020年1月15日(水)に東阪Zeppにて一晩限定で上映される予定だ

今年3月にスレイヤーも出演した「Download Japan 2019」のライブレポートは以下。

日本初上陸の「Download Japan 2019」がもたらした、激しくも深い感動の連続。その全貌をレポート!
3月21日、満を持して日本での初開催を迎えた「Download Japan 2019」を幕張メッセで観た。午前10時半からの約11時間をさまざまな彩りの爆音のなかで過ごしたが、これほど凝縮感の濃いロック・フェスというのは過去にもあまりなかったのではないだろうか。一番手を務めたニュージーランド出身の…
日本初上陸の「Download Japan 2019」がもたらした、激しくも深い感動の連続。その全貌をレポート! - © DOWNLOAD JAPAN All Rights Reserved
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする