「2010年代に最も稼いだミュージシャン」が明らかに。テイラー・スウィフト、U2らを抑えて1位になったのは?

「2010年代に最も稼いだミュージシャン」のTOP10を米経済誌「Forbes」が発表した。

記事によれば、この10年でアルバムを1枚のみリリースし、ツアーなども行なっていないドクター・ドレーが9億5000万ドル(約1040億円)で1位に輝いたそうだ。これは約3000億円で自身のヘッドフォン・ブランド 「Beats」をAppleに売却した利益などによるものが大きいという。


続く2位にはテイラー・スウィフトが8億2500万ドル(約900億円)でランクイン。2010年代の初めには、まだ飲酒年齢にすら達していなかった彼女だが、現在ではスタジアム規模の公演を成功させるほどのアーティストとなった。また、「過去10年で最も稼いだ女性ミュージシャン」の称号にも輝いている。


その他、ビヨンセU2らが上位5位までに名を連ねているほか、エルトン・ジョンポール・マッカートニーレディー・ガガといった面々がランクインしている。

1〜10位までの結果は以下。

1位:ドクター・ドレ(9億5000万ドル、約1040億円)
2位:テイラー・スウィフト(8億2500万、約900億円)
3位:ビヨンセ(6億8500万ドル、約750億円)
4位:U2(6億7500万ドル、約738億円)
5位:ディディー(6億500万ドル、約661億円)
6位:エルトン・ジョン(5億6500万ドル、約618億円)
7位:ジェイ・Z(5億6000万ドル、約612億円)
8位:ポール・マッカートニー(5億3500万ドル、約585億円)
9位:ケイティ・ペリー(5億3000万ドル、約579億円)
10位:レディー・ガガ(5億ドル、約546億円)

なお、過去10年間における「ライブの興行収入」におけるランキングでは、U2が約1136億4000万円もの収益を上げ1位に輝いている
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする