メタリカ歓喜! バンド名にちなんだ名前が新種の生物に付けられる。「ロックの殿堂入りを果たした次は…甲殻類だ!」

メタリカ歓喜! バンド名にちなんだ名前が新種の生物に付けられる。「ロックの殿堂入りを果たした次は…甲殻類だ!」

北太平洋の深海で新たに発見された生物だが、メタリカにちなんで「Macrostylis metallicola」と命名されたそうだ。

Pitchfork」によると、ハワイとメキシコ間の海底地域にある、水圧が大気の400倍に相当するというパートン断裂帯に生息する「Macrostylis metallicola」は、最長で6.5ミリの大きさに成長する甲殻類だという。

この新生物にバンド名にちなんだ名前が付けられたことを知ったメタリカは、Instagramに「Macrostylis metallicola」のアートと共に次のような喜びの投稿を掲載している。


「バンドは7大陸全てでプレイし、ロックンロールの殿堂入りを果たした……。次は甲殻類だ! ゼンケンベルグ自然博物館の研究家Torben Riehl博士と、ベルギーはケント大学のBart De Smet博士が北太平洋の深海で新しい甲殻類を発見し、ロック・バンドにちなんだ名前を冠することにした。俺達の世界へようこそ、Macrostylis metallicola!

まずは、カッコイイ名前を付けてくれたRiehl博士に感謝したいし、次に名誉なことだと言いたい。博士は自分の発見に、子ども時代からファンだったバンドにちなんだ名前を付けただけじゃない。この生き物はバンドといくつか共通点があって、昆虫のような生き物は完全な暗闇に生息し、目がなくて無色なんだ。どんだけダークだよ! それにこの生物はコバルトと銅、マンガンにニッケル、レアな土類要素を含んだメタリックな団塊に囲まれて生息してる。だから、要はロック・スタジアムに住んでるってことだろ? これは、まさにメタルの甲殻類だ! 海の底で何がさまよってるか分からないぜ」

これまでにも、メタル好きの生物学者が新種のクモにデフ・レパードアイアン・メイデンのメンバーらにちなんだ名前を付けていた

なお、メタリカはジェイムズ・ヘッドフィールドがアルコール依存症のリハビリを継続するため、米フェスへの出演を一部キャンセルすると発表していた
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする