スラッシュ、2016年のガンズ・アンド・ローゼズ初再結成ライブを振り返る。「超音がデカくてメチャクチャ楽しかった」

スラッシュ、2016年のガンズ・アンド・ローゼズ初再結成ライブを振り返る。「超音がデカくてメチャクチャ楽しかった」

ガンズ・アンド・ローゼズのギタリスト、スラッシュが、2016年4月にウェスト・ロサンゼルスにある小さなライブハウス「トルバドール」で行った初再結成ライブを振り返っていることがわかった。

Blabbermouth」によると、米ポッドキャスト番組『No Guitar Is Safe』に出演したスラッシュは、初再結成ライブについて次のように語っていたという。

あれが初再結成ライブだった。最後にトルバドールで演奏したのは、確か1985年だったかな。1986年には出演してないし、そこでバンドが最後にプレイしたのは多分1985年だ。

(2016年4月の)ステージは20年ぶりにバンドが一緒にやったライブだった。明らかに、当時よりギアもクルーも多かったと言っとくよ。超音がデカくてメチャクチャ楽しかった。ステージに立ってハコにいる観客を目にするのはノスタルジックな感じで、切ないとも言える瞬間だったぜ。


スラッシュは、2019年に「Guitar.com」のインタビューでも初再結成ライブについて語っており、「3人(スラッシュ、アクセル・ローズ、ダフ・マッケイガン)が一緒にいると、ある種のダイナミズムが生まれる。それってスゲェし、本当に最高の経験だった」とコメントしていたそうだ。

なお、ガンズ・アンド・ローゼズは先日、メキシコで開催された「Vive Latino」に出演、27年ぶりに『ユーズ・ユア・イリュージョンII』の収録曲“So Fine”を演奏していた
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする