ガンズ・アンド・ローゼズ、メキシコのフェスで約27年ぶりに“So Fine”を演奏! 全22曲をパフォーマンス

ガンズ・アンド・ローゼズ、メキシコのフェスで約27年ぶりに“So Fine”を演奏! 全22曲をパフォーマンス

ガンズ・アンド・ローゼズが、現地時間3月14日(土)にメキシコで開催されたフェス「Vive Latino」に出演、27年ぶりに“So Fine”を演奏したことが明らかとなった。

「Billboard」の記事を伝えた「Stereogum」によると、同日のヘッドライナーを務めたバンドは1991年にリリースされたアルバム『ユーズ・ユア・イリュージョンII』収録曲“So Fine”をパフォーマンス。なお、同楽曲を演奏するのは1993年以来、約27年ぶりのことだという。

ファンが撮影した“So Fine”のパフォーマンスはYouTubeなどで見ることができる。
https://youtu.be/ZAxHvBhM2gU

なお、同フェスでバンドは“So Fine”を含め全22曲を披露したとのこと。


新型コロナウイルスの影響で各地のフェスが延期、またはキャンセルとなっているが、「Vive Latino」の創設者でディレクターを務めるJordi Puigは、メキシコではウイルスの流行が未だ第一段階であることから、当局がフェスの開催許可を出したため決行した、と述べているそうだ。

同フェスで演奏するはずだった複数のアーティストが出演を辞退したとのことだが、ガンズ・アンド・ローゼズのほかにアルゼンチンのアーティスト、VicenticoやLos Tucanes de Tijuanaもステージに上がったと報じられており、同フェスの出演に関しては賛否が分かれているようだ
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする