クイーンのブライアン・メイ、新型コロナウイルスと闘う世界に「ポジティブなメッセージ」を発信

クイーンのブライアン・メイ、新型コロナウイルスと闘う世界に「ポジティブなメッセージ」を発信

クイーンブライアン・メイが最新のインタビューで、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける世界の現状についてコメント。「Blabbermouth」によると、英ITV局のニュース番組に出演したブライアンは、次のように語っていたという。

「みんなにとって非常に困難な時期で、これは悲劇だ。だた、感謝するべきこともあるんじゃないかな。大勢の人が苦境に立たされて、多くの人を失うだろう。それは私かもしれない。年配者で弱りやすいからね。だけど、悪いことばかりじゃない。楽しみにしておくべき良いことだってあるし、この苦境は今だけだから」


続けて、ブライアンは自己隔離についても、ポジティブな面を見出すように心掛けているとも話している。

「これまでに、私は大変な時期を経験して本当に落ち込んでいたから、特に(自己隔離で)自由を失って最初は大変だった。だが、それを乗り越えて隔離にも喜びがあることを発見したよ。良いことはたくさんある。人々はすごくクリエイティブになってるし、この状況から抜け出した時に、私達には(この経験で)学んだ大いなる教訓が残るんじゃないかな」


ちなみに、ブライアンは先日、外出規制で自宅にいるファンのために、楽曲“Bohemian Rhapsody”のギター・ソロの弾き方を伝授する動画をSNSに投稿していた
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする