音楽文投稿サイト「音楽文」、2020年4月・月間賞 最優秀賞&入賞作品を発表

音楽文投稿サイト「音楽文」、2020年4月・月間賞 最優秀賞&入賞作品を発表
音楽文投稿サイト「音楽文」の、2020年4月・月間賞 最優秀賞と入賞作品を発表しました。

選考の結果、今回は最優秀賞2本、入賞作品は3本に決定しました。


◆最優秀賞

ふたつの光、正しさとあの日
米津玄師と菅田将暉が形作った「私」
安藤エヌ (27歳)

神聖かまってちゃんが10年目に繰り出すカウンター
10th Album『児童カルテ』に寄せて
daizu (36歳)

◆入賞作品

スキマスイッチが無観客ライブで音楽に込めたメッセージ
この日のセットリストからひとりのファンが感じたこと
蒼山静花 (31歳)

Mr.Childrenはドラえもんで、その曲はひみつ道具だった。
きっと誰もがのび太で、その誰もが誰かのドラえもんになれる。
けけで (28歳)

星の数ほどの音楽のなかから
ACIDMANという光に出会った日の話
kako. (24歳)


「音楽文」の投稿はいつでもできます。公開は平日のみですが毎日行っています。投稿はどんどんサイトに掲載されていきますが、それらの文章は1ヶ月単位で区切り、その月での最優秀賞・入賞をそれぞれ選び、発表します。皆様、奮ってご参加ください。


公式SNSアカウントをフォローする

邦楽 人気記事

最新ブログ

フォローする