ブライアン・メイの体調は? ガーデニングで筋肉を傷め、受けた治療について近況報告

ブライアン・メイの体調は? ガーデニングで筋肉を傷め、受けた治療について近況報告

5月上旬、ガーデニング途中に臀部の大殿筋を損傷して病院へ搬送されたブライアン・メイが、SNSで最近の体調について報告していたことがわかった。


Ultimate Classic Rock」によると、ブライアンは近況を報告するセルフィー動画をInstagramにアップし、投稿には次のようなコメントが添えられている。

鎮痛剤剤とリハビリに助けられ、今日は痛みをほぼ感じずに、物につかみながらゆっくり座ったりぶらぶらすることもできた。どれほど真の痛みが辛いか信じられないほどだ。いつも私は自分が痛みに耐えられると過信して、歯医者などで麻酔を受けたりはしてこなかった。

だけど、約3週間前に私の体に起きた神経痛は最終的に大殿筋だけでなく、私の脳をも麻痺させた。まるで痛みが私を乗っ取ってしまったようにね。目覚めたら“痛みが自分”であるかのように感じて、自分の体に戻ることに苦労していたんだ。だから、負けを認めて強力な鎮痛剤を摂取した。悪夢の世界にいたからね、唯一できることはゆっくり過ごして回復することだった。だが、そうすることが出来たのは物理療法と整骨治療学の助けがあったからなんだ。いつか、この話を全て教えるよ。今のところは……、良い週末を。みんなが元気になるような日の光を楽しむ場所を見つけられるようにと願ってるよ


ちなみに、数日後にInstagramに投稿した動画でブライアンは、「再びギターを手にすることが出来て嬉しい。まだ弾けるようだ」とコメントしながら、ヘビーでサイケデリックなリフを披露していた。

なお、クイーン+アダム・ランバートはクイーンの名曲“We Are The Champions”の新バージョン、“YOU Are The Champions” をリリースし、その収益は「WHOのための新型コロナウイルス感染症連帯対応基金」に寄付されると報じられていた。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする