ポール・ウェラー、ノエル・ギャラガーに「ソロに転向するよう助言した」との説を完全否定

ポール・ウェラー、ノエル・ギャラガーに「ソロに転向するよう助言した」との説を完全否定

ポール・ウェラーが、2000年代にノエル・ギャラガーに「ソロに転向するよう助言した」との説を否定していることが明らかとなった。

SPIN」によると、2018年のインタビューでリアム・ギャラガーが、兄ノエルとポールが密かに会い、ポールがノエルにソロに転向するようアドバイスしたことが原因でオアシスが解散したと非難していたという。

その件についてポールは、「聞いてくれ。誤解を正しておくが、私は決してノエル・ギャラガーにアドバイスは与えていない」と釈明し、噂を完全に否定していたという。

続けてポールは、「5,000万枚ものアルバムを売った奴に何を言えって言うんだい? 『君がするべきことを知ってるよ……』なんてさ。だから事実じゃない。とにかく、二人とも大好きだよ……。どっちも面白い性格だと思う」とも付け加えていたとのこと。

なお、6月19日(金)にポールはソロで15枚目となるニュー・アルバム『オン・サンセット』をリリースしている。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする