B’z、初の無観客配信ライブを10/28より5週連続開催。毎公演の演奏楽曲や演出などは総入れ替え

  • B’z、初の無観客配信ライブを10/28より5週連続開催。毎公演の演奏楽曲や演出などは総入れ替え
  • B’z、初の無観客配信ライブを10/28より5週連続開催。毎公演の演奏楽曲や演出などは総入れ替え
  • B’z、初の無観客配信ライブを10/28より5週連続開催。毎公演の演奏楽曲や演出などは総入れ替え
  • B’z、初の無観客配信ライブを10/28より5週連続開催。毎公演の演奏楽曲や演出などは総入れ替え
B’zが、10月31日(土)から11月28日(土)までの毎週土曜日に5週連続で、Zepp Haneda(TOKYO)にて初の無観客配信ライブを開催する。現在ティザー映像も公開されている。


配信ライブは、1988年のデビューから2020年までの32年間を「5つの時代=5 ERAS」に分け、各々の時代にリリースされた楽曲構成で行われる予定。5週全ての公演で全楽曲を入れ替え異なるセットリストが予定されている他、毎公演の演出・ステージセットも総入れ替えとなる。

コロナ渦で全てが止まり、各々が予定していたソロツアーを延期せざるを得ない状況になったことに加え、水面下では既に決定していたというB’z初のZepp Haneda(TOKYO)でのレジデンシー公演も先行きが不透明となり、誰もが経験したことのない日常を送る中、「何もできない」と後ろ向きになるのではなく、経験したことのない今だからこそ「何かできること、今しかできないこと」を模索し、「デビューから32年の間にリリースした作品を5つの時代に分けてライブを届けること」に辿り着き、今回「B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1〜5」と題した公演を決行するに至ったとのこと。また、バンドメンバーも、30年余りの活動の中でオンステージを共にしたことのある日本人サポートミュージシャンをこの機会にあえて選出しているという。なお、現在B’zのオフィシャルサイトにてメンバーからのメッセージ動画も公開されている。

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする