ブルース・スプリングスティーン、待望のロック・アンセム“ゴースト”公開! 新作『レター・トゥ・ユー』10/23世界同時発売決定

  • ブルース・スプリングスティーン、待望のロック・アンセム“ゴースト”公開! 新作『レター・トゥ・ユー』10/23世界同時発売決定
  • ブルース・スプリングスティーン、待望のロック・アンセム“ゴースト”公開! 新作『レター・トゥ・ユー』10/23世界同時発売決定 - pic by Danny Clinch

    pic by Danny Clinch

  • ブルース・スプリングスティーン、待望のロック・アンセム“ゴースト”公開! 新作『レター・トゥ・ユー』10/23世界同時発売決定
  • ブルース・スプリングスティーン、待望のロック・アンセム“ゴースト”公開! 新作『レター・トゥ・ユー』10/23世界同時発売決定 - pic by Danny Clinch

Eストリート・バンドとの完全ロック・アルバム『レター・トゥ・ユー』のリリースを10月23日に控えるブルース・スプリングスティーン

新作からの第二弾シングルであり、リード・トラックとなる“ゴースト”が公開となった。同曲は、ボス&Eストリート・バンド・サウンド全開のエモーショナルなロック・ナンバーとなっている。


スプリングスティーンは、新曲“ゴースト”について、こうコメントを寄せた。

「“ゴースト”はバンドの一員であることの素晴らしさや喜び、そして病気や時間の流れの中でメンバーをひとりひとり失っていくことの苦しみについて書いている。“ゴースト”は音楽のスピリットそのものに語り掛けようとしている。それは俺たちの誰にも元々備わっているものではなくて、発見して一緒に共有するしかできない。Eストリート・バンドの場合、それは一体となった俺たちの魂の中に存在して、ハートを動力源としているんだ」


楽曲“ゴースト”はスプリングスティーンの自宅にあるスタジオで、Eストリート・バンドとともにライブ・レコーディングをワン・テイクで撮ったもの。

バンドの一員だったダニー・フェデリーシやクラレンス・クレモンスなど、先に逝ってしまった多くの仲間たちを思い出し、音楽には彼らはまだ生きていると歌う。最も古くからの親友である、スティーヴ・ヴァン・ザントのハーモニーが目立つようにミックスされているのも嬉しいところだ。

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする