初期ピンク・フロイドに新たな生命力を吹き込むプロジェクト、その名も「ソーサーフル・オブ・シークレッツ(神秘)」 ──ニック・メイスンの未来志向が感動的な最新インタビュー!

初期ピンク・フロイドに新たな生命力を吹き込むプロジェクト、その名も「ソーサーフル・オブ・シークレッツ(神秘)」 ──ニック・メイスンの未来志向が感動的な最新インタビュー! - 『rockin'on』2020年11月号より『rockin'on』2020年11月号より

「初期のピンク・フロイドはより実験的だったし、僕自身もそれをすごく楽しんでいた。ただ、だからこの時期のピンク・フロイドのほうが良かったとか、そうではなかったというように比べられるものではない」


『狂気』より前のピンク・フロイドのレパートリーに焦点を当てたプロジェクト、ニック・メイスンズ・ソーサーフル・オブ・シークレッツは、まさにニック・メイスンにしかできないものであったし、ロジャー・ウォーターズデヴィッド・ギルモアの両氏とも等間隔で交流を続ける人だからこそ、その解釈や挑戦も説得力を持っている。

そんな自信が言葉の端々からあふれ出すインタビューとなっているが、あまりに巨大になりすぎてしまったピンク・フロイドという存在を、あらためてシンプルにファンたちの身近へといざなってくれるかのようだ。

フロイドが現役時代にライブであまりやることがなかったような曲が復活し、新しい物語の道を歩ませようとする流れをこうして聞かされることで、今回リリースの『ライヴ・アット・ザ・ラウンドハウス』に接する楽しみが拡大するはずだ。(大鷹俊一)



ニック・メイスンズ・ソーサーフル・オブ・シークレッツの関連記事は現在発売中の『ロッキング・オン』11月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。


初期ピンク・フロイドに新たな生命力を吹き込むプロジェクト、その名も「ソーサーフル・オブ・シークレッツ(神秘)」 ──ニック・メイスンの未来志向が感動的な最新インタビュー! - 『rockin'on』2020年11月号『rockin'on』2020年11月号
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする