デヴィッド・クロスビー、エディ・ヴァン・ヘイレンの死に関するSNSの発言でミュージシャンから批判が集中

デヴィッド・クロスビー、エディ・ヴァン・ヘイレンの死に関するSNSの発言でミュージシャンから批判が集中

現地時間10月6日に亡くなったエディ・ヴァン・ヘイレンについて、デヴィッド・クロスビーがSNSで発した言葉にミュージシャンから批判が集中している。

Ultimate Classic Rock」によると、Twitterのユーザーから「デヴィッド、あなたがメタルに興味がないことは知っていますが、エディ・ヴァン・ヘイレンについて何か意見はありますか?」と質問され、「別に……」と素っ気なく答えていたという。


このデヴィッドの発言に、多くのミュージシャンが反応している。

トレイシー・ガンズ


「クソみたいに失礼で間違った答えだな!! 人の音楽に興味がなくても、他に言い方があるだろ。すごく失礼だ。率直に言って、お前とその自惚れた答えはクソ食らえだ」


ディー・スナイダー(ツイステッド・シスター)


「(トレイシー・ガンズに同意して)同感だね。それに俺は、いつもデヴィッド・クロスビーと彼の口ヒゲが大嫌いだった」


その他にもミュージシャンから批判を受け、デヴィッドは次のような釈明ツイートを投稿している。


ジミ・ヘンドリックスはギターの世界を変えた。他の誰よりもね……。わかるよ……。多くの人がヴァン・ヘイレンを敬愛してる……。一度会ったときに彼(エディ)はいい人で、彼には才能があった……。『別に』は、(彼の死を)それほど気にかけていないという意味なんだ……。彼がいい人ではなかったという意味じゃない。彼はいい人だったけど、私にとって(彼の死は)重要じゃないんだ」


その後もデヴィッドは、続けて謝罪の意をツイートしている。


「ヴァン・ヘイレンのファンのみんな。私はクールではない答えを発してしまった……。さらに恥ずかしいことに、私は彼が亡くなったばかりだと覚えてさえいなかった。(もし覚えていたら)口を閉ざしていただろう……。私は間違いを犯すし、意図的に攻撃した訳じゃない」

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする