ビリー・アイリッシュ、初めてタトゥーを入れたことを告白

ビリー・アイリッシュ、初めてタトゥーを入れたことを告白

最新インタビューでビリー・アイリッシュが、初めてタトゥーを入れたことを告白している。

過去4年にわたり、毎年同じ日に行なわれている「Vanity Fair」によるビリーのインタビューは、“タイムカプセル・インタビュー”と称され、ビリーが毎年同じ質問に回答する人気企画として知られている。

2019年にビリーは同インタビュー内で「何か初めての体験をするつもりですか?」と質問され、「タトゥーかな。顔にじゃないけどね。自分が入れたいのは、ほとんど誰も見られないところにあるタトゥーなんだ」とコメント。

そして2020年の今年、当時のコメントを振り返ったビリーが「タトゥーを入れたよ。でも、それを人が目にすることはないだろうけどね」と話し、2019年の発言を実行したと明かした。

なお、最近Apple Musicのゼイン・ロウが司会を務める番組に出演したビリーは、自身のデビュー・アルバムを振り返り、「『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?』は大好きだけど、それと同時に自分はすごく若かったなって。アルバムを聴くのは好きだけど、全部がベビー・ボイスに聴こえてしまう。わかんないけど変な感じがする」と述べていた



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


ビリー・アイリッシュ、初めてタトゥーを入れたことを告白 - 『rockin'on』2021年1月号『rockin'on』2021年1月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする