リンキン・パーク、2021年版サウンドになった“ワン・ステップ・クローサー(100 gecs Reanimation)”をリリース!

  • リンキン・パーク、2021年版サウンドになった“ワン・ステップ・クローサー(100 gecs Reanimation)”をリリース!
  • リンキン・パーク、2021年版サウンドになった“ワン・ステップ・クローサー(100 gecs Reanimation)”をリリース! - pic by James Minchin III

    pic by James Minchin III

  • リンキン・パーク、2021年版サウンドになった“ワン・ステップ・クローサー(100 gecs Reanimation)”をリリース!
  • リンキン・パーク、2021年版サウンドになった“ワン・ステップ・クローサー(100 gecs Reanimation)”をリリース! - pic by James Minchin III

リンキン・パーク『ハイブリッド・セオリー』20周年を記念して、“ワン・ステップ・クローサー(100 gecs Reanimation)”がリリースされた。


バンドが気鋭の音楽家たちを迎え入れ、王道アンセムを新たに解釈し直し再び命を吹き込んだ同作。担当した100 gecsは新たにボーカルを加えるなどし、独自の解釈を施している。

なお同曲に対してマイク・シノダは以下のようにコメントしている。

「みんながよく知っているように『リアニメーション』の魂の一部は『ハイブリッド・セオリー』の楽曲から来ていて、革新的なアーティストに誰も予想できない形にしてもらった。100 gecsはまさにその通りのことをしたと思うよ」


なお、昨年発売され即完売したスーパー・デラックス版ボックス・セットが再入荷され、現在ワーナーミュージックダイレクトで販売されている。

また、100 gecs以外のアーティストらが参加したリメイク楽曲も今後発表が予定されているとのことだ。




『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


リンキン・パーク、2021年版サウンドになった“ワン・ステップ・クローサー(100 gecs Reanimation)”をリリース! - 『rockin'on』2021年2月号『rockin'on』2021年2月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする