ブルース・スプリングスティーン、バイデン大統領の就任記念TV番組に登場。“Land Of Hope And Dreams”を披露

ブルース・スプリングスティーン、バイデン大統領の就任記念TV番組に登場。“Land Of Hope And Dreams”を披露

ブルース・スプリングスティーンが、1月20日夜に全米で放映されたジョー・バイデン大統領の就任を記念する特別TV番組『Celebrating America』に出演。番組の幕開けには、ワシントンのリンカーン記念堂に立つブルース・スプリングスティーンが映され、「アメリカはこうあるべきだ」というメッセージを込めた“Land Of Hope And Dreams(希望と夢の国)”が歌われた。


また出演後、ブルースは自身のTwitterで歌詞の一節を引用し、以下のように投稿している。


おまえの悲しみはここに残して行こう

過去とは今日が最後に区切りをつけよう

明日になれば太陽が輝き

闇はすべて過ぎ去っている

大きな車輪が進む

太陽の光射す草原を

さあ行こう 希望と夢の国へ


記念番組 『Celebrating America』はトム・ハンクスが司会を務め、ジョン・ボン・ジョヴィ、ヨーヨー・マ、ジャスティン・ティンバーレイクフー・ファイターズジョン・レジェンドケイティ・ペリーなどが出演。1月21日現在、YouTubeにて視聴が可能だ。

https://www.youtube.com/watch?v=DJFNOvXaToI

バイデン大統領は選挙勝利後の11月7日、国民に向けて演説する際に、スプリングスティーンの楽曲“We Take Care Of Our Own”とともに登場していた。




『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


ブルース・スプリングスティーン、バイデン大統領の就任記念TV番組に登場。“Land Of Hope And Dreams”を披露 - 『rockin'on』2021年2月号『rockin'on』2021年2月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする