新型コロナウイルスのワクチン接種に懐疑的だったオジー・オズボーン、1回目を打った経過を報告

新型コロナウイルスのワクチン接種に懐疑的だったオジー・オズボーン、1回目を打った経過を報告

新型コロナウイルスの1回目のワクチンを接種したオジー・オズボーンが、その後の経過を報告していることがわかった。

Alternative Press」によると、英テレビ局ITVのトーク番組『Loose Women』に出演したオジーはワクチンを接種したのかどうか質問され、冗談を交えながら次のように答えていたという。

「もちろんだ。注射は(刃物で)刺されたようなものだった。まあ、昨日は少し腕が痛かったけど、ワクチンを受けられて良かったし、接種したらホっとしたよ」


経過は良好だと報告していたオジーだが、昨年9月にApple Musicの番組『Blizzard of Ozz Special』に出演したときは「ワクチン接種に懐疑的だ」と述べていたとのこと。

「周りは、俺がインフルエンザの予防接種を受けないとか言ってるけど、そうじゃない。何でも俺に打てばいいが、俺は新しいワクチンを受ける一人目にはならない。朝起きて、おかしくなって目覚める最初の人物にはなりなくないんだ」


新しいワクチンを打たれたらどのような副作用が起きるかわからないため、オジーは接種を少し心配していたようだ。

昨年、オジーの孫娘ミニーと妻のシャロンが新型コロナウイルスに感染したことが報じられ、シャロンは「私はしばらく入院した後、今はオジーと離れた場所で回復しつつあります」とInstagramで報告していた



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


新型コロナウイルスのワクチン接種に懐疑的だったオジー・オズボーン、1回目を打った経過を報告 - 『rockin'on』2021年3月号『rockin'on』2021年3月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする