AC/DCのアンガス・ヤング、故ボン・スコットが「ブライアン・ジョンソンは最高のシンガー」だと称えていたと語る

AC/DCのアンガス・ヤング、故ボン・スコットが「ブライアン・ジョンソンは最高のシンガー」だと称えていたと語る

AC/DCのギタリスト:アンガス・ヤングが、バンドの元フロントマンで1980年に亡くなったボン・スコットの思い出を振り返っている。現ボーカル:ブライアン・ジョンソンのパフォーマンスを観て、ボンは「ブライアンは最高のシンガー」だと称えていたそうだ。

Ultimate Classic Rock」によると、米ラジオ局95.5 KLOSの番組にアンガスが出演。ボンがいかにブライアンの才能を称賛していたかについて語った。

「ボンは、イギリスをツアーしたバンドにいたことがあって、ブライアンが在籍していたGEORDIEっていうバンドのオープニングを務めたんだ。とにかく、彼らはギグをやって、その話をボンがしてたことがある。ボンはGEORDIEのパフォーマンスとブライアンの声を聴いて、それから彼の叫び声を耳にした。ボンはそれが凄いと、ステージにリトル・リチャードがいるかのようだったと言ってたよ。

その男(ブライアン)が、吠え声を上げながら叫んで床を転げながらパフォーマンスし、ボンはそのステージが最高だったと言っていた。彼が観たなかでベストなパフォーマンスで、ブライアンが久しぶりに見た最高のシンガーだと思ったんだ。でも、ボンは知らなくて後でわかったことなんだが、そのときブライアンは盲腸炎に襲われてたんだよ。ボンは、叫び声なんかがパフォーマンスの一部だと勘違いしていた訳だ。ボンは、『こいつはすごい』って感心してたな。今でもブライアンは、その高音で歌ってるけどね」


また、ブライアンも2011年のインタビューでそのステージについて語っていたという。1973年か74年にボンのバンドがGEORDIEのライブでオープニングを務めた際、ブライアンは酷い盲腸炎の症状で苦しんでいたそうで、ステージでのたうち回りながらもライブを続けたと明かしていた。

ボンは1974年にAC/DCに参加したが、1980年にアルコール依存症により33歳で他界。その後、ボンの後任としてブライアンがバンドのフロントマンとなり、現在に至っている。



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


AC/DCのアンガス・ヤング、故ボン・スコットが「ブライアン・ジョンソンは最高のシンガー」だと称えていたと語る - 『rockin'on』2021年4月号『rockin'on』2021年4月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする