ポール・マッカートニーの楽曲をリミックスしたベック、クラブでポールが踊りまくっていた思い出を元に制作

ポール・マッカートニーの楽曲をリミックスしたベック、クラブでポールが踊りまくっていた思い出を元に制作

ポール・マッカートニーのアルバム『マッカートニーIII』をミュージシャンたちが再構築した『マッカートニーIII IMAGINED』で“Find My Way”をリミックスしたベックが、クラブでポールが踊りまくっていた思い出がインスピレーションの源になったと明かしている。

SPIN」によると、その時をベックがこう振り返っている。

「数年前にポールと彼の妻ナンシーと出かけて、帰る前にナンシーが踊りに行きたいと言ったのを思い出したんだ。僕たちはウェスト・ハリウッドのクラブに行って、ポールとナンシーが踊りまくってたのを覚えてるんだけど、二人はダンス・フロアにいる誰よりも楽しんでたよ」


その後、ポールに“Find My Way”をリミックスしてほしいと依頼されたベックは、ダンス・フロアで感じたポールのエネルギーをリミックスに注ぎ込んだのだという。

「あの夜のことを思い出して、ダンス・フロアでポールを見たときに感じた驚くべきスピリットを捉え直したかったんだ。ポールのグルーヴに対する、僕のちょっとしたオマージュかな。

ポールのオリジナル・トラックでファルセットなボーカルを聴いたとき、もっとルーズでファンキーなサウンド寄りにしたいと思ったんだ。ヘフナー(ベース)を取り出して幾つかベースラインを弾いて、そこからすべてが生まれた。

だけど、この体験を通じて最高なのは、僕がリミックスを渡してから一週間後にポールが電話してきて、その週にずっとこのトラックを聴いてキッチンで踊ってたって言われたことだよ」

『マッカートニーIII IMAGINED』にはベックの他に、アンダーソン・パークブラッド・オレンジデーモン・アルバーン、EOB、ジョシュ・オム、クルアンビン、3D RDN(マッシヴ・アタック)、フィービー・ブリジャーズ、セイント・ヴィンセントらが参加。デジタルは4月16日に、CD及びLPは7月23日に発売される予定となっている。


『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


ポール・マッカートニーの楽曲をリミックスしたベック、クラブでポールが踊りまくっていた思い出を元に制作 - 『rockin'on』2021年5月号『rockin'on』2021年5月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする