プリンス、完全新作アルバム『ウェルカム・2・アメリカ』を7月30日に全世界同時リリース。 2011年のフル・ライブ映像を収録した完全限定盤も

  • プリンス、完全新作アルバム『ウェルカム・2・アメリカ』を7月30日に全世界同時リリース。 2011年のフル・ライブ映像を収録した完全限定盤も
  • プリンス、完全新作アルバム『ウェルカム・2・アメリカ』を7月30日に全世界同時リリース。 2011年のフル・ライブ映像を収録した完全限定盤も
  • プリンス、完全新作アルバム『ウェルカム・2・アメリカ』を7月30日に全世界同時リリース。 2011年のフル・ライブ映像を収録した完全限定盤も
  • プリンス、完全新作アルバム『ウェルカム・2・アメリカ』を7月30日に全世界同時リリース。 2011年のフル・ライブ映像を収録した完全限定盤も

2016年4月21日に急逝し、今年没後5年を迎えるプリンス。彼が2010年にレコーディングした未発表スタジオ・アルバム『ウェルカム・2・アメリカ』が、今年7月30日に全世界同時リリースされることが決定した。

プリンスは2010年に「世の中は偽情報に溢れかえっている。ジョージ・オーウェルが警告していた未来そのものだ。僕たちはこのようなチャレンジングな時代を信念曲げずに生きなければならない」と語っており、このアルバムも、変化しつづける世界や政治的分裂、マスメディアによる情報コントロール、人種やジェンダーなどの社会問題に対し、プリンスが抱いた懸念や希望などを込めたメッセージ性の強い作品になっているという。

レコーディングにはドラマーのジョン・ブラックウェルほかクリス・コールマン、タル・ウィルケンフェルド、モリス・ヘイズ、またザ・ニュー・パワー・ジェネレーションからシェルビー・J.やリヴ・ウォーフィールド、エリサ・フィオリーロらが参加。

またアルバム発売に先駆け、アルバム表題曲“ウェルカム・2・アメリカ”の配信がスタート。ゴシップに溢れるテレビやネットからの情報過多、音楽業界への不満、さらにアメリカ国歌の一部「Land of the free/Home of the brave」(=自由の地/勇者の住処)を「Land of the free / Home of the slave」(=自由の地/奴隷の住処)と揶揄するなど痛烈な批判も込められた楽曲となっている。

また国内盤限定で、2011年4月28日に米ロサンゼルスで行われたた“21 Nite Stand”のライブ映像をBlu-rayに収録した2枚組も発売予定。自身のヒット曲“パープル・レイン”、“KISS”、“レッツ・ゴー・クレイジー”ほか、ボブ・ディランの“メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ”、シーラ・Eの“ラヴ・ビザール”などのカバーも収録した、全23曲133分の高画質初映像作品となっている。

さらにCDとライブBlu-ray、アナログ2枚組のほか、当時のライブ・チケットやセットリスト、VIP招待状やバックステージ・パスのレプリカ、ブックレットやポスターなどをコンパイルした完全生産限定盤も同時発売される。

リリースの詳細は以下の通り。




『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


プリンス、完全新作アルバム『ウェルカム・2・アメリカ』を7月30日に全世界同時リリース。 2011年のフル・ライブ映像を収録した完全限定盤も - 『rockin'on』2021年5月号『rockin'on』2021年5月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする