ベイ・シティ・ローラーズのフロントマン、 レスリー・マッコーエンが65歳で逝去

ベイ・シティ・ローラーズのフロントマン、 レスリー・マッコーエンが65歳で逝去

ベイ・シティ・ローラーズのフロントマンだったレスリー・マッコーエンが、現地時間4月20日に65歳で亡くなったことが明らかとなった。

Ultimate Classic Rock」によると、レスリーの公式Facebookアカウントで彼の遺族が訃報を報告し、追悼の意が綴られている。



「深い悲しみと共に、愛すべき夫で父親だったレスリー・リチャード・マッコーエンが亡くなったことをお伝えします。2021年4月20日(火)にレスリーが自宅で急死しました。現在葬儀の準備をしており、深い喪失の衝撃を受けた後だけに、プライバシーにご配慮いただけたらと思います」


現時点では、レスリーの死因は明かされていない。

1955年11月12日にスコットランドのエジンバラで生まれたレスリーは、まだ10代だったときに1973年にベイ・シティ・ローラーズに参加。バンドは数々の大ヒット曲を放った。

レスリーは1978年にバンドを脱退後、70年代から80年代にかけてソロアルバムを何枚かリリース。2015年には元メンバーと再結成を果たし、ベイ・シティ・ローラーズのリユニオン・コンサートを開催した。

ベイ・シティ・ローラーズの公式Twitterアカウントも、追悼コメントを発表している。


「レスリー・マッコーエンの訃報に悲しんでいます。彼の妻Pekoと息子のJubei、遺族と友人にお悔やみを申し上げます。レスリー、安らかに眠ってください」




『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


ベイ・シティ・ローラーズのフロントマン、 レスリー・マッコーエンが65歳で逝去 - 『rockin'on』2021年5月号『rockin'on』2021年5月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする