PAN、タツヤ(Dr)が2/19をもって脱退。「大阪でいちばんのドラマーとして活躍できるように」

PAN、タツヤ(Dr)が2/19をもって脱退。「大阪でいちばんのドラマーとして活躍できるように」
PANのタツヤ(Dr)が、2022年2月19日(土)大阪・心斎橋Music Club JANUSでのライブ「Dr.タツヤ、PAN卒業公演 タツヤ飛びたつんや!」をもってバンドを脱退する。

今後の活動は、川さん(Vo)、ゴッチ(G)、ダイスケ(B)の3人にサポートドラマーを加え活動していくとのこと。

PANは、1995年に大阪・吹田にて結成されたロックバンド。タツヤは2019年12月に「正式ドラム4代目」としてバンドに加入した。


【タツヤ(Dr) コメント】
この度、私タツヤは2022年2月を以ってPANを脱退する事を決断致しました。
突然の報告になり、申し訳ありません。

決断の理由としては、
「もっともっとドラムが叩きたい!」
これに尽きます。

自分の中で
「もっともっと活発に動いて、様々な場所で自分のドラムの可能性を追求したい!」
という思いと、
「でも26年続いているバンドに加入した責任がある。止めてはいけない。」
という思いが交錯しながら日々を過ごしていました。

皆様にとっては本当にあっという間の脱退に思えるかもしれません。
でも僕にとっては本当に濃密な2年間(サポートの準備期間を含めると3年間)でした。

たくさんの景色や出会いをくれたメンバーや関係者の皆さん、応援して頂いてる皆さんへの感謝は尽きません。
本当にありがとうございました。

僕はこれからフリーのプロドラマーとして、様々なアーティストのサポートなど、とにかくたくさんの現場でドラムを叩いていきます。

大阪でいちばんのバンドを離れるからには、大阪でいちばんのドラマーとして活躍できるように前進していきます!

なのでライブハウス等で会った際には変わらず接して頂けると嬉しいです。

PANとしての最後まで、そしてこれからも。
引き続きよろしくお願いします!

PAN Dr タツヤ

【川さん(Vo) コメント】
タツヤから「PANを脱退して、もっと色んな場所でフリードラマーとして活動していきたい」という申し出があり、
メンバーで話し合った結果別々の道を歩むことになりました。

ドラムマニアでPANを知り、ゲームの中で叩いていたタツヤが数年後にPANのメンバーとなり一緒のステージに立ち、
この3年間PANを支えてくれました。
タツヤにはこの3年間、PANのドラマーでいてくれた事に感謝の気持ちしかありません。

これからはタツヤの思うがままに進んでいってほしいし、PANメンバー3人も心から応援したいと思っています。

『タツヤ飛びたつんや!』

本当はタツヤと一緒に行きたい場所は沢山あったけど、PANは川端、ゴッチ、ダイスケの3人で、
その想いも抱えながら活動していきます。

これからの3人のPAN、そしてタツヤも楽しみにしていて下さい。
引き続き、4人を宜しくお願い致します!

PAN Vo 川さん



  • PAN、タツヤ(Dr)が2/19をもって脱退。「大阪でいちばんのドラマーとして活躍できるように」
  • PAN、タツヤ(Dr)が2/19をもって脱退。「大阪でいちばんのドラマーとして活躍できるように」
  • PAN、タツヤ(Dr)が2/19をもって脱退。「大阪でいちばんのドラマーとして活躍できるように」
  • PAN、タツヤ(Dr)が2/19をもって脱退。「大阪でいちばんのドラマーとして活躍できるように」

公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

最新ブログ

フォローする