メタリカ、ライブ中に二者択一問題

メタリカ、ライブ中に二者択一問題

現在、ヨーロッパをツアー中のメタリカだが、5月19日にポルトガルのリスボンのライブではバンドが観客にセットリストの一部を決めさせるという一幕もあった。

パヴィリャゥン・アトランティコという会場で行われたライブで、バンドはドラム・ソロとカバーのどっちがいいのかと観客に訊いた。すると、観客はカバーを選び、ジェイムス・へットフィールド率いるバンドはそのままダイアモンド・ヘッドの“ヘルプレス”の演奏になだれ込んだ。

ファンとの交歓はライブの終盤で行われたとか。ライブそのものはバンドのキャリア全般をなぞるものになっていた。

セットリストは以下の通り:

'That Was Just Your Life'
'Cyanide'
'For Whom The Bell Tolls'
'Shortest Straw'
'The Day That Never Comes'
'Sad But True'
'Wherever I May Roam'
'No Remorse'
'Turn The Page'
'All Nightmare Long'
'One'
'Master Of Puppets'
'Damage Inc'
'Nothing Else Matters'
'Enter Sandman'
'Helpless'
'Motorbreath'
'Seek And Destroy'

(c) NME.COM / IPC Media 2010

最新ブログ

フォローする