コートニー・ラヴ、カート・コバーンは3度自殺未遂をはかっていたと語る

コートニー・ラヴ、カート・コバーンは3度自殺未遂をはかっていたと語る - 1991年作『ネヴァーマインド』1991年作『ネヴァーマインド』

9月24日でリリース20周年を迎え、これを記念してオリジナル・アルバムのリマスタリング音源のほか、さまざまな特典をつけた再発リリースが11月12日に発売されるニルヴァーナの『ネヴァーマインド』だが、コートニー・ラヴはカート・コバーンが1994年に自殺する前に3度も自殺未遂を起こしていたことを明らかにしている。

ヴァニティ・フェア誌とのインタビューでカートが突然今、姿を現したらどうするかと訊かれ、コートニーはカートに近かった人たちの嘆きを思うと許せないから「殺す」と答え、さらに実は自殺を試みたのはあれが最初ではなかったとも説明した。

「カートは自殺未遂を3度やってるから!」とコートニーは語り、数々のヘロインの過剰服用はそれに含まれないとも説明した。

「OD(過剰服用)は少なくとも5回やってるし。緊急医療班はあたしだからね。いつもカートのキンタマに針を刺して目を覚まそうとしたりとか、そんなのばっかり」

また、ヘロインの過剰服用で呼吸困難などに陥った患者に服用させ蘇生させるための薬であるナロキソンもコートニーは常に携帯していたという。さらにふたりには金銭的な問題も重くのしかかっていたと説明している。

「あの頃は、どうしても自分たちのお金が残ってなかったりしてて」とコートニーは語る。「銀行口座には135000ドル(1994年のレートで約1350万円)あって、でも、ロラパルーザに出れば1100万ドル(約11億円)は入るって言われてて。たとえば、5400万ドル(約54億円)手元にあってそれでも自殺する人っていると思う?」


(c) NME.COM / IPC Media 2011
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする