ビートルズの元マネージャー、わずか9ポンドのために駆け出し時代のバンドを手放したことを嘆く

ビートルズの元マネージャー、わずか9ポンドのために駆け出し時代のバンドを手放したことを嘆く - 1969年作『アビイ・ロード』1969年作『アビイ・ロード』

無名時代のザ・ビートルズを手がけていた元マネージャーが9ポンドでバンドを手放してしまった経緯を明らかにしている。

この当時のビートルズのマネージャーだったアラン・ウィリアムズは3年ほどバンドのマネージャーを務めていたが、その後ブライアン・エプスタインにバンドのマネジメントを譲り、その1年後にビートルズは初のチャート・インを実現させることになった。

現在81歳のウィリアムズは駆け出しの頃のビートルズのマネージャーを務めていて、初めてバンドが名を売ったドイツのハンブルグでの長期巡業での報酬の15パーセントをマネジメント料として契約していたが、バンドがそのうちの9ポンド(当時のレートで約9072円。なお、当時の9ポンドは現在の140ポンド[約16940円]相当の購買力があった)を滞納したためバンドと袂を分かつことになったとデイリー・レコード紙に語っている。

「あの頃のことでは今でも夜中に突然目を覚ましたりするよ。ビートルズがここまで有名になるとは誰も夢にも思ってなかったはずだよ」

さらにウィリアムズはこう続けている。「当時のリヴァプールではビートルズと同じくらいいいか、もっといいバンドが300くらいは活動してたんだよ。ぼくは自分の報酬のうちの9ポンドさえ回収できなかったのにさ」。

その後4人が世界的な成功を収めていくのを目の当たりにしてウィリアムズは酒に溺れたと語っている。「その1年後くらいに女王を招待した御前パフォーマンスにバンドが出演したのをテレビで観た時にはテレビに向かってソファーのクッションを投げつけるしかなかったよ」。

「けれども、もう後悔はしていないよ。すべてが始まったあの60年代にあの場にいられることができて本当によかったと思うね」

ちょうどこの時期にポール・マッカートニーが正体の知れていないドラマーをバンドのオーディションに招待している手紙が、来月オークションに出品される予定になっている。


(c) NME.COM / IPC Media 2011
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする