宮本浩次、急性感音難聴でエレファントカシマシ、ライヴ活動を休止

宮本浩次、急性感音難聴でエレファントカシマシ、ライヴ活動を休止

エレファントカシマシの宮本浩次が急性感音難聴と診断され、ライヴ活動を休止することが、公式サイトで発表となった。

公式サイトの文章によると、宮本は9月1日深夜に左耳がきこえづらくなり、医師の診断を受けた結果、「急性感音難聴を発症し、外リンパ瘻の可能性がある」と診断された。その後、左耳の聴力がほぼ失われる状態になったため、9月5日に手術を受け、日常生活に支障はない範囲まで回復したという。
10月の恒例の東京・大阪の野音ライヴについては、本人の強い希望により、ぎりぎりまで開催の方向でリハーサルと治療を行ってきたが、全力の歌唱ができるまでは回復せず、聴力もかなり不安定な状態な上、充分なリハーサル時間もとれなかったため、中止を決断した。

この東京・大阪の野音と、年明けの1月に予定されていたという日本武道館をはじめ、今後のコンサート活動はしばらくの間休止となる。
詳しくは、公式サイトをご覧ください。

エレファントカシマシ オフィシャルサイト
http://www.elephantkashimashi.com/
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする