エルトン・ジョン、ブラジル滞在中にホテルで眼鏡コレクション用に別室を借りて16度で保存

エルトン・ジョン、ブラジル滞在中にホテルで眼鏡コレクション用に別室を借りて16度で保存

ワールド・ツアーでブラジルを訪れたエルトン・ジョンは3月2日にベロオリゾンテ公演を行った際、高級ホテルのオウロ・ミナス・ホテルに宿泊したというが、なんと自分の眼鏡保存用にまるまる1室を借りたという。

70年代から派手で独創的な眼鏡を愛用していることで有名なエルトン・ジョンだが、ホテルの広報は次のように『ザ・テレグラフ』紙に語っている。

「エルトン・ジョン様はご自身の眼鏡のコレクションのために、もう1室別にお借りになりましたが、それはこうしたアクセサリー類を16度の環境で保存しなければならないからだそうです」

また、飲み物だけでもエルトンはクランベリー・ジュース4本、無脂肪牛乳1パイント(約500ml)、ピノ・グリジオ種のワインを2本、エビアン8本と炭酸水のサン・ペレグリノの大を5本もしくは小12本を揃えるように指定されたとか。

広報は特に目についた注文は「国際電話がかけられる電話を用意することと地元のチャンネルとケーブル放送が観られるテレビを用意するというものでした」と語っているが、さらに次のようにも説明している。

「特にテレビについてはさらに注文がついていて、スポーツが観られるように最優先することとありました」

なお、エルトンは今年のベスティヴァルのヘッドライナー出演を予定しているが、これが本人にとって初のイギリスのフェス出演を飾ることになる。

さらにエルトンは9月に30作目となるニュー・アルバム『The Diving Board』をリリースする予定になっているが、収録曲はすべて長くエルトンの作詞を手がけてきたバーニー・トーピンとわずか2度のセッションで書き上げたものだとか。エルトンは新作について「これまでで最もピアノを前面に打ち出した作品になっている」と語っている。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする