キーンのトム・チャップリン、先週末に報じられた解散説を否定

  • キーンのトム・チャップリン、先週末に報じられた解散説を否定
  • キーンのトム・チャップリン、先週末に報じられた解散説を否定 - キーン『ザ・ベスト・オヴ・キーン』11月20日発売

    キーン『ザ・ベスト・オヴ・キーン』11月20日発売

  • キーンのトム・チャップリン、先週末に報じられた解散説を否定
  • キーンのトム・チャップリン、先週末に報じられた解散説を否定 - キーン『ザ・ベスト・オヴ・キーン』11月20日発売

11月20日にベスト・アルバム『ベスト・オブ・キーン』をリリースするキーンだが、ヴォーカルのトム・チャップリンはバンドが解散するのではないかという噂を否定している。

先週末にキーンは解散して、トムはソロ・キャリアを追求し、バンドの主なソングライターになっているティム・ライス=オクスリーは他のアーティストへの楽曲提供に専念することになるのではないかとの噂が書きたてられることになったが、実際にはバンドは活動休止に入るだけで、当分の間活動の予定を決めていないだけだと明らかにしている。

ラジオ局の「リアル・レディオ・ヨークシャー」の番組に出演したトムは次のように説明している。
「これは先週末にとある新聞のとある記事で捻じ曲げられて報道されたことなんだよ。僕たちがこれまでに言ってることは、ここ数年忙しくしてたから、しばらくキーンとしての活動を休みたいということだけで、それがどういうわけか『キーン、解散へ』と曲解されたんだよね」

キーンは1997年に結成され、04年の『ホープス・アンド・フィアーズ』、06年の『アンダー・ザ・アイアン・シー-深海-』、08年の『パーフェクト・シンメトリー』、そして昨年の『ストレンジランド』と、これまでリリースした作品はすべてイギリスでチャート1位を達成している。これまでバンドは優れた作曲作品に授与されるアイヴァー・ノヴェロ賞やブリット賞にも輝いていて、ティムはグウェン・ステファニーやカイリー・ミノーグらとの作曲コラボレーションなども行ってきている。

また、キーンの大ファンとして知られているリリー・アレンは自身が出演するイギリスの高級百貨店ジョン・ルイスのクリスマス・シーズン向けテレビCMで、キーンの“サムウェア・オンリー・ウィー・ノウ”をカヴァーすることを先頃明らかにしている。

(c) NME.COM / IPC Media 2013
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする