【英総選挙】メイ首相率いる保守党、過半数割れにリアム、リリー・アレン等が喜びの声

6月8日(現地時間)に行われたイギリスの下院選の投票の結果、メイ首相率いる与党保守党が過半数割れとなった。
メイ首相に対し辞任を要請する声も上がっていたが、メイ首相は続投を表明している。

多くのミュージシャンたちが野党労働党を支持し、労働党への投票を呼びかけていたことは以下の過去の記事でも伝えていた通りだが、保守党の過半数割れという結果が出た今、労働党支持のミュージシャンたちが安堵と喜びの声を上げている。

【英総選挙】アデル、リリー・アレン、ザ・エックス・エックス等、労働党への支持を表明
与党保守党の単独過半数割れが確実となったイギリスの下院議員総選挙だが、アーティストらの熱い呼びかけもこの結果の一因だったかもしれない。 単独与党から過半数割れへと追い込まれたことで、メイ首相の辞任も噂されているが、選挙前にはさまざまなアーティストたちが反保守党を掲げて投票を呼びかけていた。 …

キーンの“Somewhere Only We Know”のカバーを労働党のキャンペーン・ソングとして提供していたリリー・アレンや、コービン労働党党首とのインタビューを公開していたグライムMCのJME、そしてリアム・ギャラガーなどがSNSに自らの思いを投稿している。

リリー・アレン:「若い世代をリスペクト」

JME:「自分を褒めて良いぐらいだ。参加し続けよう、大人になって、聞く耳を持って学ぶ姿勢を忘れないようにしよう。その時に『ベスト』だと思える人物に投票しよう。頭の堅い年のとり方をして、怒りっぽくなってはいけない」

リアム・ギャラガー:「転換期に来た。違和感に向き合おうぜ」

また、アンチ・メイ首相ソング“Liar Liar GE2017”で知られるキャプテン・スカも、「本当の意味で未来への希望を抱いたのは久しぶり。闘わないといけないことはたくさんあるけど、とりあえずは嬉しい気持ちでいる」とツイートしていた。


なおBBCの報道によると、投票した24歳以下の若者の73%が労働党を支持していたという調査結果も出ている。

今回の選挙では保守党の過半数割れという結果を導くことができたものの、労働党が勝利したわけではない。

過半数勢力確保のため、DUP(北アイルランドの民主統一党)との連携に動き始めたメイ首相。
DUPはプロテスタント系のため同性婚には反対の立場にあり、そんなDUPとの結託に動いている保守党には更なる批判の声も生まれている。

本記事の関連記事はこちら。
【本日英総選挙】アンチ・メイ首相ソング“Liar Liar GE2017”が大ヒット、その背景は?
突如iTunesのUKチャート上位に現れたアンチ・テリーザ・メイ首相ソング"Liar Liar GE2017”、すでに聴いたという人も多いかもしれない。 UKシングル・チャートでは一度63位まで落ち込んだものの、現在は4位に浮上、5月26日(現地時間)のリリース当初はiTunesのU…
【本日英総選挙】アンチ・メイ首相ソング“Liar Liar GE2017”が大ヒット、その背景は?
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする