名優フィリップ・シーモア・ホフマンの急死をミュージシャンらが追悼

名優フィリップ・シーモア・ホフマンの急死をミュージシャンらが追悼

映画『カポーティ』での名演でアカデミー賞主演男優賞にも輝き、2月2日に急死した俳優フィリップ・シーモア・ホフマンに音楽界から様々な追悼の声が上がっている。

フィリップはロック評論家志望の10代の少年とグルーピー少女の恋を描いた『あの頃ペニー・レインと』で、オーヴァードーズで亡くなった実在の音楽評論家レスター・バングスを演じていたが、死因がヘロインの過剰服用で遺体が発見された際に腕に注射が刺さったままだったということが大きな話題を呼んでいる。また、2月2日は1979年にセックス・ピストルズのシド・ヴィシャスがやはりヘロインの過剰服用で死亡した日だったと『ビルボード』誌が伝えている。遺族からは次のような声明が発表されている。

「わたくしたちは愛していたフィルを失うことになって打ちのめされていますが、みなさまから受け取っている洪水のような愛情とご支援には感謝するばかりです。あまりにも悲しく突然のことですので、この嘆きの間はわたくしどものプライヴァシーを尊重していただきますよう何卒ご配慮のほどお願いいたします。みなさまにおかれましては、もの思いやお祈りの際にぜひフィルのことを思い出してやってください」

ミュージシャンからは次のような追悼の声がツイートされている。

ジャスティン・ティンバーレイク「フィリップ・シーモア・ホフマンの訃報をたった今聞いたところ。打ちのめされてしまった。なんて名優だったんだろう。R.I.P.」

コートニー・ラヴ「天才的な俳優にして友人だった人物を失った悲しみを表現するのに言葉では言い切れない。フィリップ・シーモア・ホフマンのご冥福をお祈りします」

ヘイリー・ウィリアムズ(パラモア)「フィリップ・シーモア・ホフマンについて知ったばかり。大好きな役者の1人だったのに。もうこれから新作が出ないなんて悲しすぎる。ご冥福を」

ティーガン・アンド・サラ「フィリップ・シーモア・ホフマンの訃報があまりに悲しい。素晴らしい才能に恵まれた人だった。ご遺族や友人のみなさまにお悔やみ申し上げます」

シェリル・クロウ「フィリップ・シーモア・ホフマンの訃報を聞いて悲しすぎる。すごく偉大な、才能に恵まれた人だったのに。ご遺族にお悔やみとお祈りをお送りします」

シェール「打ちのめされた/俳優のフィリップ・シーモア・ホフマンの訃報のこと/役者の中の役者だった/人生はまるで誕生日のケーキのキャンドルを吹き消す息のよう」

フィリップ・フィリップス「信じられない。R.I.P.(ご冥福を)フィリップ・シーモア・ホフマン。素晴らしい俳優だった。惜しまれることだろう」

ミッシェル・ブランチ「フィリップ・シーモア・ホフマンのことを聞いて悲しすぎる。とんでもない才能だった」
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする