KREVAの新しい音楽劇「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」を観た

KREVAの新しい音楽劇「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」を観た
KREVAは、たぐいまれな「感じる力」とたぐいまれな「考える力」を兼ね備えたアーティストで、そのふたつの力がドッキングして彼のラップを主軸にした音楽はできている。
そして、そこから生まれるメッセージを出来る限り100%伝えるために、観客の「感じる力」と「考える力」を全開にさせる方法を模索し続ける宿命を持っている。
それによってKREVAの活動は、道なき道を行くような孤高のものになっている。
でもシンプルに言うとKREVAは「伝えたいだけ」なのだと思う。

「KREVAの新しい音楽劇」は彼の孤高の表現活動の究極とも言える誰もやったことのない舞台表現だが、凄いのは、観ているとこれまでにない形で「感じる力」と「考える力」が開放されて、彼のメッセージが「熱さ」も「知性」も含めてあますことなく伝わってくるところだ。
今回もエキサイティングな体験だった。(古河)

最新ブログ

フォローする