嵐『Popcorn』について

何より自分たちに誠実に、でもひとつひとつの仕事にも誠実に、そして人々に力を与えることには全力を注ぐ、そのスタンスを貫きながら変化し続けてきた嵐。
そんな彼らが2012年なりの結論として辿り着いた、陽性で、ユーモアにも溢れた作品、それが『Popcorn』である。
アルバム全体が嵐にしかできないポップなアイデアに溢れていて音楽的にも凄く充実している。

嵐のこれまでの歴史を踏まえながら、この2012年にアラフェスという画期的なライブと『Popcorn』というアルバムを作り上げたことの意味を5人全員に語り合ってもらったインタビュー、そして今の5人ならではのフォトシューティングが既に終了しています。
11月19日発売のCUT、嵐表紙巻頭特集をお楽しみに!(古河)
Cut 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする