来日決定

来日決定

先月、マイケル・シェンカー・グループの来日公演に行って、
ライブレポを書きましたが(これ→ http://ro69.jp/live/detail/29779 )、
今度は一昨日、このような来日のお知らせが、ウドーのメルマガで届きました。


『人間国宝』と呼ばれた孤高のギタリスト
【 ゲイリー・ムーア 】21年振りの来日公演決定!

4/22(木) SHIBUYA-AX
4/23(金) ZEPP NAGOYA
4/26(月) グランキューブ大阪
4/27(火) JCB HALL
4/28(水) 東京国際フォーラム ホールA


ゲイリー・ムーア。
マイケル・シェンカーと同じく、80年代のへヴィ・メタル・ブームの頃に
活躍したギタリストです。
コロシアムⅡ、シン・リジィなどへの参加を経て、写真の
ソロ・アルバム『CORRIDORS OF POWER』
(邦題:大いなる野望)で、日本でも人気に火がついた。

1982年リリース。ってことは、中2の時に買ったのか。
確か、ミュージック・ライフ誌のレコ評で、星が5つついてて、
まんまとそれにつられて買った記憶があります。
でも中身も大好きでした。メタルというよりも、
ちょっとブルース寄りのハードロックで。
フリーの「ウィッシング・ウェル」のカヴァーとか入っています。

このアルバムでは、ドラムはディープ・パープル→
ホワイトスネイクのイアン・ペイス、ベースは同じくホワイトスネイク
などでプレイしたニール・マーレイ。こないだマイケル・シェンカーと
一緒に来た人ね。

しかし、「人間国宝と呼ばれた」って、知らないぞ俺。
どこの国で呼ばれたんだろう。この人、確か、UKじゃなくて、
アイルランド・べルファウストの出身だったと思うけど。

そして、こないだマイケル・シェンカー・グループのことを書いたら
結構ウケたので(35歳オーバー限定ですが)、調子にのってまた
書いてみたものの、さすがにゲイリー・ムーアでは食いつく人が
限られる気がするが、どうか。

あと、この人、全盛期以降は、ブルースに走ったり、
打ち込みにハマってドラムンベースみたいなことを
やったり、ビッグ・ビートみたいなトラックを作ったり、
またブルースに戻ったり、と、いろいろやっている人なので、
マイケル・シェンカーみたいには「あの頃のあの感じ」なステージを
やらない、という危険性もある気がします。


あと、5月にはASIAも来るんだよなあ。
しかもオリジナル・メンバーで。
どうしよう。

以上、今はもちろん、当時もロッキング・オン誌とは
まったく無縁だった音楽の話でした。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする