「モテキ」とハマケン

「モテキ」とハマケン

先週書こうと思って、忘れていた話。


「モテキ」が大根仁監督でテレビドラマに!

という話、前にこのブログで書きましたが、
(これ → http://ro69.jp/blog/hyogo/35036

あれを書いた翌日くらいに、主演・森山未來以外の
キャストも、発表されました。

で、テレビ東京の公式HPが、マンガのキャストをクリックすると
演じる俳優の写真が出てくる、というふうになっている。
開けてみました。
女優陣、すみません、私、普段あんまりドラマ観ないので、
菊地凛子以外は知らない方々でしたが、
クリックするたびに、「おおー」「なるほどー」と、
原作のキャラとの「合いっぷり」に、いちいち唸りました。
顔が似てる、とかじゃなくて、ムードというか空気というか、
「この人がやったらよくなりそう!」っていう予感が、
早くも写真1枚1枚から出ている感じ。
「いいじゃないですか、大根さん!」と言いたくなりました。

ただし。
オム先生(マンガ家の先生ね。重要なキャスト。
ご存じない方は読んでください)のところに、

浜野謙太

という、名前があった。
クリックして、写真を見た。

本当に、腹が立ちました。

ハマケンが今ここにいたら、「てめえ!」と
胸倉つかんでいたかもしれません。
格好といい、表情といい、オム先生の真似をしてるんだけど、
そしておそらく似せようとして真剣にやっているんだけど、
「ふざけている」もしくは「バカにしている」ようにしか見えない。
という意味では、これ、「さすがハマケン」という事態でもありますが。

なお、これを書くにあたり、今、もう一回見てみたら、
ハマケンの写真、無難な宣材写真に差し替えられてました。

ちなみに、墨さんがリリー・フランキーだったのにも、
「……うわあ。合う」と絶句しました。
とにかくおもしろそう、このドラマ。楽しみ。

なお、大根仁監督は、数年前の星野源主演の
深夜ドラマ「去年ルノアールで」でも、
ハマケンを起用しておられました。

表紙は、こないだ出た「モテキ」最終巻=4巻。
身悶えしながら読みました。
そして、最後、はからずも、感動しました。

テレビ東京「モテキ」、公式サイトはこちら。
http://www.tv-tokyo.co.jp/moteki/
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする