クリープハイプ、中野サンプラザにて

クリープハイプ、中野サンプラザにて

「クリープハイプの窓」ツアー、ファイナル。
初のホール公演は、やっぱりすごく新鮮だった。
バンドもいつもよりずっと丁寧に、1曲1曲届けるような意識で演奏していた。
尾崎は「大切な曲が多すぎる」と言っていたけど、それは観客にとっても同じ。
“左耳”も“HE IS MINE”も“風にふかれて”も“オレンジ”も“イノチミジカシコイセヨオトメ”も“傷つける”も、宝物のように聞こえてきた。

最新の宝物である“憂、燦々”をやる前に、尾崎は「今は自分の見えるもの、手の届くものを大切にしたい」と言った。
それを大事に、素敵なところに連れて行くと。
そして「そのうち、そこらのおっさんも連れて行ける大きなバンドになる」と宣言した。

そのうち、じゃ遅すぎる。
早く連れて行ってくれよ、と「そこらのおっさん」代表して言っときます。

というわけで終演直後の4人。(小川)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする