リアム・ギャラガーの感動的な復活劇を描くドキュメンタリー映画『アズ・イット・ワズ』のワールド・プレミアに出席してきました♪

  • リアム・ギャラガーの感動的な復活劇を描くドキュメンタリー映画『アズ・イット・ワズ』のワールド・プレミアに出席してきました♪
  • リアム・ギャラガーの感動的な復活劇を描くドキュメンタリー映画『アズ・イット・ワズ』のワールド・プレミアに出席してきました♪
  • リアム・ギャラガーの感動的な復活劇を描くドキュメンタリー映画『アズ・イット・ワズ』のワールド・プレミアに出席してきました♪
  • リアム・ギャラガーの感動的な復活劇を描くドキュメンタリー映画『アズ・イット・ワズ』のワールド・プレミアに出席してきました♪
  • リアム・ギャラガーの感動的な復活劇を描くドキュメンタリー映画『アズ・イット・ワズ』のワールド・プレミアに出席してきました♪
  • リアム・ギャラガーの感動的な復活劇を描くドキュメンタリー映画『アズ・イット・ワズ』のワールド・プレミアに出席してきました♪
  • リアム・ギャラガーの感動的な復活劇を描くドキュメンタリー映画『アズ・イット・ワズ』のワールド・プレミアに出席してきました♪
  • リアム・ギャラガーの感動的な復活劇を描くドキュメンタリー映画『アズ・イット・ワズ』のワールド・プレミアに出席してきました♪

★待ちに待ったソロ作・第二弾『Why Me? Why Not.』のリリース(現時点では「9月前にリリース」説が濃厚)が発表され、
アルバムからの1st先行シングル“Shockwave”が公開&配信リリースされたばかりのリアム・ギャラガーさんですが、

★現地時間の6月6日(木)の夜、
ロンドンの@アレクサンドラ・パレス・シアターで新ドキュメンタリー映画『Liam Gallagher : As It Was』のワールド・プレミア上映イベントが開催!!!
筆者ももちろん出席してきました。

会場の前にはレッド・カーペットが敷かれ、当夜の主役=リアムさんも登場!!!

盟友のリチャード・アシュクロフトや元オアシスのボーンヘッド、
カサビアンのトム・ミーガンやプライマルのボビー・ギレスピー(あれ?あなたはノエルのマネージメントに所属する”ノエル側”の人だったのでは?、、、)etcのセレブも集合!!!
このイベントをイチ速く報道しようと集まった数百人のパパラッチや世界中のメディア陣、
さらには「生リアムを一目見よう!」と集まった多くのファンが会場前に群がる華やかなイベントに。

☆当日のスケジュールはこんな感じでした。

開演前にまず司会者2人とリアムさんがステージに登場して挨拶(この時点で場内は早くも「リ~~アム!リ~~アム!」コールの渦、笑)

映画のプレミア上映(上映中ももちろんスクリーン中のリアムが何か言うたびにリアム・コールが、笑)

そして約30分の休憩を挟んだ後、
フル・バンドが登場しライヴ演奏。新曲“Shockwave”を含む全6曲を演奏して締め。

☆映画の流れをざっと書いておくと、
2009年のパリ公演中に「楽屋裏で始まったいつもの兄弟ゲンカがエスカレートしてノエルが突如脱退!!!→オアシス解散!!!」のあの事件から幕開けし、

バンド内のトラブルが続いたビーディ・アイの後期~バンド解散。

それに追い討ちをかけるように起きたニコル・アップルトンとの離婚訴訟騒ぎ。

自身の未来に絶望し、音楽を断念。たまにツイッターで吼えるだけの半引きこもり状態に、、、。
この時点でリアムさんは英メディアのほとんどから「こいつはもう終わった」と断罪されていた。

そして2017年、なんと初ソロ・アルバム第一弾『アズ・ユー・ワー』で誰も予想していなかった奇跡的な大復活!!!
を遂げるまでのリアムさんの葛藤を、
本人のコメント映像や家族、関係者の発言、
それぞれの時期の超プライベートなフッテージ映像を交えつつ追っていく構成。

というわけで、
あの「人前で決して弱みは見せない虚勢とビッグ・マウス(←ある意味バンドのフロントマンとしての義務みたいなものだけど)」で有名なリアムさんが、
あの“自身が経験した初めての挫折期”をとことん正直に振り返る感動的な映画になっています。

★映画とイベントのさらに詳しいレポ、
リアムさんの近況や続報についてはRockin'on次号(7月5日発売)の誌面でがっつり書くつもりです。
お楽しみに~。
児島由紀子の「ロンドン通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする