ジョージ・ハリスンの一言に触発されてジミー・ペイジが書いたツェッペリンの曲は?

ジョージ・ハリスンの一言に触発されてジミー・ペイジが書いたツェッペリンの曲は?

★生前のジョージ・ハリスンレッド・ツェッペリンの隠れファンで、
ツェッペリンのメンバー達とのプライベート面でも交流があったことはここUKでも知る人ぞ知る!な事実だったわけですが、

そんなジョージ・ハリスンがある日ボンゾと話していた際に発した一言=「君たちの唯一の残念なところはバラード系の曲を書かない点なんだよな」をボンゾから伝え聞いたジミー・ペイジが、
「何っっ? じゃあバラードを書いて見せ付けてやる!」と密かな闘志(あくまでフレンドリーな意味で)を燃やして書いた曲は、、、

“Rain Song”(『Houses of the Holy』に収録)だった!!!

★このジミー・ペイジの発言はBrad Tolinski氏が書いたツェッペリンの伝記本に掲載されていて、
ペイジ御大は発言中にこんなコメントも付け加えている。

「“Rain Song”はそういう経緯で書いたんだ。
その証拠に、あの曲の最初の2コードには(ジョージ・ハリスン作の)“Something”が引用されている。
よく聴けばそれに気付くはずだよ」。

★上記の記事+曲の視聴は以下のリンクから。

https://faroutmagazine.co.uk/led-zeppelin-song-inspired-by-george-harrison/



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


ジョージ・ハリスンの一言に触発されてジミー・ペイジが書いたツェッペリンの曲は? - 『rockin'on』2021年5月号『rockin'on』2021年5月号
児島由紀子の「ロンドン通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする