パワーポップとザ・マフスとDizzy Sunfist

パワーポップとザ・マフスとDizzy Sunfist
最近ザ・マフスの新作をよく聴いているからか、ガレージパンク/パワーポップが心に沁みる。
女性ボーカルでメロディと歌が一本気であればあるほどいい。
キム・シャタックの歌を聴いてると、いろいろ大変なことがあった一日でも、家帰ってビール3本くらい飲んで寝ちまおうと、そうすることがまるで自然の摂理であるかのように素直に思える。

そんな気分でここ数日を過ごしていたら、ひっかかってきたのがこのバンド。
Dizzy Sunfist。
よく聴いてます。

メロディックパンク。
前線は女子ふたり。
安定安心のメロディの中にきらりと光る節回しがある。
こういうバンドと、年にひとつふたつ出会わないとロックリスナーとしてのバランスが整わない。と思います。

あらためてPVを観て今日も引き続きがんばろうと思っている。
パワーポップとザ・マフスとDizzy Sunfist
小栁大輔の「にこにこちゅーんず」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

最新ブログ

フォローする