ザ・ウィークエンドがプリンスに賞を捧げ、BTSやビリー・アイリッシュらがパフォーマンスを披露したアメリカン・ミュージック・アワード。明日はグラミー賞ノミネート作が発表

ザ・ウィークエンドがプリンスに賞を捧げ、BTSやビリー・アイリッシュらがパフォーマンスを披露したアメリカン・ミュージック・アワード。明日はグラミー賞ノミネート作が発表 - pic by Duncan Loudonpic by Duncan Loudon

11月22日にロサンゼルスでアメリカン・ミュージック・アワードが開催された。

ジャスティン・ビーバーショーン・メンデスザ・ウィークエンドビリー・アイリッシュBTSデュア・リパジェニファー・ロペス&マルマ、ケイティ・ペリーなどなど超豪華メンツが出演。コロナ禍のため、これまでは内容的にチャリティが主体であったり、またはZoomによる参加が多かったりした音楽TV番組だが、ここにきてとうとうお茶の間で純粋に音楽を楽しめるエンターテインメントが現れたと思えた。大統領選が終わったこととも関係しているかもしれない。

何より今をときめくビリー・アイリッシュからジャスティン・ビーバー、ミーガン・ジー・スタリオンに、ジェニファー・ロペス&マルマのラテン系アーティスト……といる中でBTSが堂々トリを務めるなど、世界中のアーティストが様々なジャンルの音楽で同じ舞台で立ち、同等に競い合っている姿に今年の音楽シーンのパワーを思い知った。

以下いくつかハイライト。

1)ザ・ウィークエンドが賞をプリンスに捧げ、圧巻のパフォーマンス

ザ・ウィークエンドが番組の冒頭でSoul/R&Bアルバム賞を受賞。

そこで賞をプリンスに捧げている。

「前回この賞をもらった時は偉大なるプリンスから受け取ったんだ。僕がR&Bというジャンルに挑戦し続けるのはプリンスがいるからだ。だからこの賞を彼に捧げたいと思う。どうもありがとう」と、包帯をしていてはっきりとは分からないが、感極まって言っている。

プリンスの公式アカウントも正にその場面をツイートしていた。

前回の受賞場面はこちら。

また、この日はケニー・Gも出演した圧巻のパフォーマンスも披露した。車がまったく通ってない道で花火が上がりまくるという、思い切り奇妙で、シュールで、2020年的なエンターテインメントだと思った。ウィークエンドは顔が包帯でぐるぐる巻きにされた、MVに続くキャラを演じていて、ジョーカー的でもある。


この大エンターテインメントな演出を観るにつけ、来年のスーパーボウルのハーフタイムショーが俄然楽しみになった。

2)BTSが見事トリを務める


これだけの大物が登場した授賞式でBTSがトリというところに、彼らの今のアメリカでのパワーと位置を改めて知る。韓国で収録されたライブ映像で登場した。


こちらはポップ/ロック部門でフェイバリットデュオ/グループ賞を受賞。コメントは以下の通り。

「ARMYありがとう。それからAMAs(アメリカン・ミュージック・アワード)も。本当に偉大な名誉だよ。今日みんなで一緒にお祝いできたらもっと良かったけど。でも今日は会場でこの賞を直接受け取れなくてごめんなさい。僕らはすごく嬉しい。この賞は去年ももらったからね。だから引き続き応援してくれて本当にありがとう。僕らは音楽を通じて世界に届けていきたいものがあるんだ。僕らが新作でやりたかったこともそれだ。

僕らの“LIFE GOES ON”→人生は続いていくからね。

この貴重な賞をどうもありがとう。ARMY愛してるよ」


(*すみません。一部音が小さくて訳が少し間違っているかもです)


3)ジャスティン・ビーバー、ショーン・メンデスとの共演も含む3曲パフォーマンスで開幕



4)ビリー・アイリッシュが“Therefore I Am”の初パフォーマンス


5)ミーガン・ジー・スタリオンが“Body”を初パフォーマンス


6)デュア・リパが文字通り“Levitating”(=空中に浮遊する)


7)テイラー・スウィフトが年間最優秀アーティスト賞受賞

https://www.youtube.com/watch?v=UlxhZTPiNRg&feature=youtu.be

テイラー・スウィフトが年間最優秀アーティスト賞を受賞し、スピーチをした。会場に来られないのは、現在原盤権を売られてしまったため、自分で権利を獲得するために、過去のアルバムをすべて再レコーディングしているからだと語っている。

「ハイ、みんな。どうもありがとう。この賞はファンが投票して決めてくれたわけだから、とっても意味があるわ。あなた達は最高以上だから。私のキャリアが始まった時からずっとそうだったけど、でもとりわけ今年はそう思うの。私達は離れ離れでコンサートでも会えないわけだし。でもみんなとは音楽を通じて繋がっているように感じる。みんなの『folklore』への反応も、みんなが想像力を使ってあのアルバムに敬意を表してくれた。それがすごく嬉しかった。みんなのおかげで私はすごくすごくラッキーだと思う。

それで今日私が会場に行けない理由は、今、過去の作品を全部レコーディングし直しているから。しかも元々それをレコーディングしたスタジオにいるの。素晴らしい作品になると思うから。みんなに聴いてもらうのが楽しみ。みんな良い夜を。とっても愛してるわ。そして本当にありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう」


8)冒頭でジャスティン・ビーバーと共演したショーン・メンデスがソロでもパフォーマンス


9)ジェニファー・ロペス&マルマ


こちらが受賞者リスト
https://www.billboard.com/articles/news/awards/9488111/amas-2020-winners-list-american-music-awards

また、アメリカ時間で火曜日、日本時間では水曜日午前2時頃からグラミー賞のノミネートが発表される。発表はツイート上で見られる。




『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


ザ・ウィークエンドがプリンスに賞を捧げ、BTSやビリー・アイリッシュらがパフォーマンスを披露したアメリカン・ミュージック・アワード。明日はグラミー賞ノミネート作が発表 - 『rockin'on』2020年12月号『rockin'on』2020年12月号
中村明美の「ニューヨーク通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする