クリープハイプ尾崎世界観、“破花”の手応えを語りまくる

クリープハイプ尾崎世界観、“破花”の手応えを語りまくる
正月、尾崎世界観は実家にも帰らずこの曲に取り組んでいたという。ここに何かがある、と直感していたのだと思う。

“破花”は東京スカパラダイスオーケストラの加藤隆志と一緒にスタジオに入り作り上げた曲だ。いわゆるプロデューサーではない現役のバンドマンである加藤とやったからこそ、この曲はクリープハイプのクリープハイプらしさ、尾崎の尾崎らしさにストレートに向かうことができた。いい曲、というだけではなく、これがクリープハイプだと堂々宣言できるような曲になった。

もがいてもがいて、必死に進んできた2015年を経て、彼は一体なにをつかんだのか。
2月29日発売のROCKIN'ON JAPANで、充実感たっぷりに語ってくれています。

最新ブログ

フォローする