銀杏BOYZ「世界平和祈願ツアー2016」の初日を観た

銀杏BOYZ「世界平和祈願ツアー2016」の初日を観た
ファンにとっては本当に待望のツアーのスタートである。詳しい内容は書けないが、期待通りの濃厚な2時間半だった。
銀杏のライヴは肉体の内側、内臓のコミュニケーションという感じがある。今回もしっかりと内臓感のあるパフォーマンスだった。そして言葉や歌、そして叫びや激しい動き、そのどれにも内臓感があるが、一番内臓感があるのはメロディなんだと改めて思うステージだった。
「生きたい」が素晴らしかった。
渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする