何かノーガードな無邪気さと攻撃性が気持ちいい。18歳のシドニーミンスキーサージェントが率いるワーキング・メンズ・クラブのデビュー作が痛快。明日の番組で紹介します。

何かノーガードな無邪気さと攻撃性が気持ちいい。18歳のシドニーミンスキーサージェントが率いるワーキング・メンズ・クラブのデビュー作が痛快。明日の番組で紹介します。
影響を受けたアーティストやサウンドを無邪気に取り込みながら、最終的に自らの文体へと昇華させていく無邪気さと攻撃性がいい。
明日、番組で紹介したい。ここでは2020年、オランダで行われたユーロソニックのライブと「ホワイト・ルームス・アンド・ピープル」のMVを見て欲しい。
メロディーのポップな率直さが凄くいい。


渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする