韓国のホープ、突き抜ける

ヒョゴ『23』

発売中

ヒョゴ 23
これは文句なしにカッコいい。昨年のサマソニ来日時にも話題となり、2年連続の出演が決定。 11月の初のジャパン・ツアーも大盛況となった韓国のバンド=ヒョゴである。2014年にデビューするなり瞬く間に国民的バンドの座へと上り詰め、これまでに『20』、『22』という2作のEPをリリースしてきた(タイトルは全員同い年のメンバーの年齢が反映されているようだ)。本作はヒョゴ初のフル・アルバムであり、本国チャートを賑わせてきた一方、米ビルボードのワールド・アルバム・チャートでも最高6位と健闘を見せている。以前からブルージーなロックや粋なアシッド・ジャズ風の楽曲など多様性を見せつけてきたが、捻りを効かせながらもしなやかなフックを宿したソングライティング、そして洗練されたバンド・グルーヴにも手を伸ばす感性は、むしろNYのインディー・バンドと共振するものだろう。来日の経験が落とし込まれたナンバーだろうか、“トーキョー・イン”ではオリジナリティとしてアジアの香りを絶妙な匙加減で含ませている点も心憎い。サマソニ直後の8月22 日には、都内で never young beachとの対バンも行われる。( 小池宏和 )

最新ブログ

フォローする